蒲生氏郷、秀吉に愛され、重用された名将を暗殺したのは 、じつは秀吉本人だった ! ?

f:id:t-dicek:20190510210025j:plain
蒲生氏郷由縁の会津若松城
f:id:t-dicek:20190510210025j:plain
蒲生氏郷由縁の会津若松城

いつ主君に裏切られるか分からない戦国時代

誰からも信頼された文武両道の優しき武将名将として知られ 、主君の信頼が篤い武将とて一寸先は闇──そんな時代が戦国時代ですね。


主君の信頼を得ていたのにも関わらず、、、主君を気遣った言葉のはずが反感を買ってしまい、裏切られてしまった、そんな不運な武将は蒲生氏郷が印象的ですね。


蒲生氏郷は、はじめ織田信長に仕え 、本能寺の変後は豊臣秀吉の家臣になります。そして、小牧 ・長久手の戦いで活躍し 、伊勢松坂に十二万石を与えられます。さらに、小田原征伐の功などによって会津黒川城主に抜擢され 、七十万石を与えられています。秀吉にとって大切なタイミングでしっかりと功をたてて、順調に出世していきますね。

氏郷の性格として、人情に篤い名将として知られています。それを象徴するのが、一万石の約束で招いた橋本惣兵衛という武士が、家中の者との雑談中に冗談で「もしも十万石くれるなら自分の子どもの一人や二人、川へ捨ててもかまわない 」と茶けていたのが発言したのを耳にしたときの事件。橋本の発言に激怒した氏郷は、約束の一万石を一千石に減らす。(ここで、完全決裂にしないのが氏郷らしいかも。)


出世のために我が子を犠牲にしてもよいと考えるような人情の薄い者は、重用しない。それが氏郷の主義。


さらに、氏郷は勇猛果敢な武将としても知られ、戦闘においては常に先頭に立って敵中に突撃する。また、和歌や茶道などに深い理解を持つ文化人でもあった。まさに文武両道を絵に描いたような人物。


そのため人々は氏郷を信頼し、大いに慕った。あの信長ですら一目見るなり氏郷を気に入り、のちに自分の三女と結婚させている。秀吉も氏郷のことを高く評価し、会津の領主として仙台の伊達政宗や山形の最上義光などを抑える重要な役割を期待している。

氏郷はなぜ突然亡くなったのか、根強い秀吉による暗殺設。

ところが、1595年、氏郷は四十歳の若さでこの世を去ることになった。しかも毒殺。そのあまりに突然で不可解な死は、様々な憶測を呼び、主君 ・秀吉による暗殺説が有力視とされる。


代表的な暗殺説は、秀吉の朝鮮出兵を原因としたもの。朝鮮出兵のために集まったのは武将たちは、関西や九州の軍勢がほとんどだったなか、東北からは政宗と氏郷が出陣した。ただし、氏郷は名護屋で秀吉とともに待機することになり、戦地に出向くことはなかった。


それからしばらくして、秀吉が自らも出陣すると主張したのに対して、氏郷は「殿下がわざわざ出陣することはないでしょう 。どうしてもと言うなら私が代わりに出陣しましょう」と申し出た。


この氏郷の発言は、表面的には秀吉の身を気づかったととれるが 、実のところ朝鮮出兵の無謀さを指摘したもので、秀吉を大いに怒らせることになった。この時の秀吉はすでに、養子にしていた秀長に切腹を言い渡していたり、暴君になり果てていた頃で、朝鮮出兵に関して頑として曲げなかった。


この氏郷の進言が氏郷毒殺の遠因の一つになっているのでは、と言われています。他には、秀吉が氏郷の茶の師である千利休を死に追いやったことが 、暗殺の背景にあるとする説もある 。


名将として順調な生活を送るなかでの突然の死。 毒で苦しむ中、「限りあれば吹かねど花は散るものを心短き春の山風」という辞世の句を残してこの世を去った氏郷の胸中には、いったい何が去来していたのでしょうね。秀吉に裏切られた無念だったのか。。。

全一冊 小説 蒲生氏郷 (集英社文庫)

全一冊 小説 蒲生氏郷 (集英社文庫)

蒲生氏郷物語:乱世を駆けぬけた文武の名将

蒲生氏郷物語:乱世を駆けぬけた文武の名将