のらりくらりと生き延び、江戸時代まで織田家の血脈を繋げた織田信長の次男・信雄

f:id:t-dicek:20190421211611j:plain
信雄が焼き払ってしまった安土城

兄弟と比較して戦功が振るわなかった信雄

織田信長の生存中、その覇業に関わった息子は、長男の信忠、次男の信雄、三男の信孝の3人の兄弟がいる。信忠と信雄の母親が生駒氏であり、三男の信孝の母が坂氏で、戦国時代では珍しくもないですが、異母兄弟です。坂氏よりも生駒氏の方が当時の身分が高かったことから、信長は幼いころは信忠と信雄の二人を自身の居城に住まわせ、可愛がったと言われています。


特に信長は長男の信忠を後継者に指名し、戦国武将として帝王学を叩き込み、期待をかけていました。信忠自身も信長の期待に応え、戦経験が浅くても、甲斐武田氏の拠点であった美濃岩村城を攻略する。その功績を称え、信長は信忠に織田家に縁のある尾張・美濃の両国を与え、自身が天下統一の拠点にした岐阜城を与えました。

====
その後も信長からの信頼を得たまま、武田氏攻略の総大将を務め、信濃の諸城を攻め落とし、武田氏を滅亡させ、信長の背後の憂いを取り除きました。信長も信忠の活躍を背景に本格的に四国と中国へ出陣する準備を進めていくわけです。


一方で、信雄は信忠が後継者と指名された後、信忠を中心とする軍が伊賀攻めをする際は、信雄も従軍し、伊勢攻略戦を転戦します。信忠が武田攻めに注力していくと、信雄は伊勢攻略の指揮をとるようになり、南伊勢に徐々に基盤を築き上げていきます。


信雄の伊勢攻略戦は緒戦の連勝。調子づいた信雄は、家臣の忠告に耳を傾けなくなり、独断で戦を開始するようになりました。さらには、信長にも内緒で、伊賀惣国一揆を攻めようとしたのですうが、伊賀十二人衆と言われる自治集団に大敗する大失態を犯す。


特に信雄が逃れるために、殿軍を務めた柘植保重が討ち死になりました。柘植保重は信長が口説き落とし、北畠家を寝返るように仕向けた伊賀攻めのキーマンとなるべき人物でした。その事実を知った信長は、信雄に「親子の縁を切る」と書状で脅し、叱責したと言われています。


一方の信孝については 、信雄と同じく信忠に従い、伊勢平定のために転戦。伊勢平定後は、信雄同様に他家(神戸家)に養子に入った。これは信長流のお家乗っ取り戦略の1つですね。



信雄の失態があったためか、信長はある程度の力量を認めていたようで 、信長は四国攻めの総大将に任命していました。実際には、四国攻めは本能寺の変により四国攻めがなくなって、総大将としての実力は不明ですけどね。


信長、信長の息子らにとって運命の日、1582 年6月2日早朝 、本能寺の変が起こりました。


信忠は、本能寺の近く、二条御所に構えていたため、信長と同じく明智軍の急襲されます。信忠は善戦するも迎え討ち自害し 、三男 ・信孝は山崎の戦いで秀吉軍に合流し明智光秀を破った 。

次男の信雄は近江日野城を攻めようとした光秀の軍勢に備え 、出陣したが 、明智軍の惨敗を知って兵を収め 、伊勢に戻っている 。まぁこれには信孝の四国攻めに軍勢を貸していて、自分の近くには軍の準備ができなかったともいわれています。


さらに、信雄は失態を犯す。信忠の死後、安土城に居を構えるために、安土城に向かったのですが、城内に明智の残党(明智秀満)が残っていることを疑い、安土城天守閣を焼いてしまった、とも言われています。これを機に信雄は、バカ殿と呼ばれるようになりました。

凡庸な信雄こそが 、江戸時代まで生き抜く

信忠が信長と一緒に本能寺で討たれてしまった後、信雄と信孝は後継者に地位を巡って争いました。映画にもなった織田家の後継者を決めた清須会議では、豊臣秀吉の基盤固めにうまく利用されました。信雄の能天気ぶりを妻夫木聡が好演していたのが印象的ですね。


秀吉の計らいによって、甥の秀信(三法師)が家督を相続し、信雄は伊勢・伊賀・尾張を領有し、清須城主に、一方、信孝は美濃国岐阜城主になった。


秀吉のこの処遇に不満を持った信孝は、気が早かったのか、柴田家と手を結んで打倒を謀ったが、失敗し、翌年の4月29日に自害をしています。

信雄は、亡父の盟友・徳川家康の助けを得て、秀吉と小牧・長手久手で戦いましたが、のちに秀吉と和睦します。このとき、自害にまで追い込まれなかった点が、信雄と信孝との差でしょうかね。秀吉に従った1587年正二位内大臣に昇進しました。


ところが、1590年信雄は秀吉の小田原攻めに従い北条氏を破りますが、東海地方の家康旧領への転封を拒否して失脚。出家して常真と号しました。

1600年、信雄は下野国にいた徳川家康石田三成挙兵を密告し、スパイ的な役割も果たしています。1615年の大坂夏の陣では、豊臣秀頼の招きにも応じず、家康に内通していました。これによって家康から大和などで5万石を与えられました。


本能寺の変後の混乱をしぶとく生き抜いた織田信雄。3人兄弟のなかで一番凡庸だと言われていた信雄が最後まで生き延びた皮肉な現実かもしれませんでした。

織田信雄 (人物文庫)

織田信雄 (人物文庫)

虚けの舞 (講談社文庫)

虚けの舞 (講談社文庫)