豊臣政権下で島津義久と義弘の最強兄弟が対立する

島津四兄弟の九州統一戦 (星海社新書)

豊臣政権に翻弄され、最強の兄弟関係に微妙なズレが・・・

豊臣秀吉九州征伐で、豊臣政権家の支配下に入った島付。各地の大名と政権をつなぐパイプ役となる取り次ぎを、石田三成と細川幽齋が担当していました。とりわけ三成は島津家に大きな影響を与えたとされる。


一族ら国人との内紛も多く、他の地域よりも家臣団らの力が強かったとされる島津家の領地では、これに従わない者や反抗するものも多数いて、思うように統治が進みませんでした。それは時に三成が恫喝するほどだったと言われています。


家臣団との関係も保ちながら豊臣政権とできるだけ距離を置こうとした島津義久に対し、弟の島津義弘は三成の顔色も伺いながら秀吉の意向に従い、豊臣政権下での島津家の立場を少しでも良くするべく行動しており、この考えの方の違いが、強固だった兄弟関係に微妙なズレを生じさせていたようです。


また一度は上洛したもののその後はあまり上洛せず薩摩にいた義久と、上洛後は在京していたことが多かった義弘とでは、豊臣政権や取次の意向に対する温度差も大きかったとされています。

それが、この後、島津家が参加する秀吉の朝鮮出兵や、秀吉亡き後の関ヶ原の戦いにおいて、義久は兵を出し渋り、義弘は少しでも政権の中で存在感を示そうと国元に派兵や兵糧調達の要請をし続けるといった対応の違いが出ていて、これらが積み重なり義久と義弘の溝は深まっていたとされています。


義久と義弘の間に決定的な溝が生まれたのが、2度行われた朝鮮出兵の間に秀吉が行なった義久と義弘の所替でした。これによって義久は大隈と日向を与えられ、義弘に薩摩が与えられました。しかも、その朱印状には島津家の代表者として義弘の名前が記されていました。つまり、豊臣側で島津家の筆頭が、義久から義弘に勝手に変えられてしまったわけです。

関原の戦い後。義久と義弘が協力し、薩摩藩の基盤を構築する

また1599年には、義弘の子で 義久の娘婿になった島津忠恒による伊集院忠棟惨殺という事件が起こります。忠恒は、忠棟を伏見の屋敷に招き、その席で手討ちにしたのでした。その原因は、秀吉に取り入って大封を与えられ、朝鮮にも出兵せず国元で権力を振るい、主君を主君とも思わない振る舞いを取っていた忠棟への憤慨でした。ちなみに忠恒は義弘と共に出兵し朝鮮で死亡した義弘の次男の島津久保に変わって、朝鮮にも出陣している。

忠棟を惨殺した忠恒は直ちに自ら謹慎します。この時、秀吉亡き後、豊臣政権で実権を握っていた徳川家康が忠恒を支援します。謹慎を解くように働きかけ、忠恒が伏見の本邸へ戻る際には警護の兵まで派遣していました。この頃の家康は島津家に対して非常に好意的であったと言われ、島津家の借金の返済にも力を貸し、以後の島津家の借用は全て引き受けたとされます。

しかし、この事件はそれだけでは収まりませんでした。父忠棟の惨殺を知った息子の伊集院忠真は一族を集め、領地である庄内の都城に篭りました。また周辺の大名も忠真を支援し、この一件は島津家の内乱では収まらない、広く知られる庄内の乱へと発展しました。

一説には、この大きな内乱が原因で、島津家はこの直後の関ヶ原の戦いに大軍を出せなかったと言われています。

結局、この島津氏内部の反目が収まるほのは、徳川政権が成立した後であり、豊臣政権に押し付けられていた様々な体制やしがらみから島津家が解放されたことによるとされています。

関ヶ原の戦いを落ち延び、大阪に無事帰国した義弘を、義久はその武勇智謀を褒め称えて温かく迎えたと言われています。

また現に島津氏はこの後、義弘の子であり、義久の娘婿である忠恒が家康の「家」の漢字を受け賜り、家久と改名して薩摩藩初代藩主に就任しています。最終的に島津家は、義久と義弘の協力のもと、江戸時代から幕末まで続く、雄藩主となり、さらに維新の志士の数多く輩出することになったのでした。

島津家久と島津豊久 (人物文庫)

島津家久と島津豊久 (人物文庫)