南蛮貿易とキリスト教の布教は表裏一体の関係性

ザビエル会見の地(一宇治城)
※ザビエル会見の地(一宇治城)

戦国経済に大きな影響を与えた南蛮貿易

日本が戦国時代を迎えていた頃、遠くのヨーロッパでは、スペインとポルトガルが、香辛料や金銀財宝を求めて世界中の海に乗り出しました。

いわば大航海時代の始まりです。

ポルトガルはアジアにも食指を動かしており、遠く日本とも交易を持とうとしました。日本で言うところの南蛮貿易ですね。

南蛮貿易は、当時の日本に多くの軍需物資をもたらし、戦国の趨勢に大きな影響与えました。

後世の我々には南蛮船対して、ヨーロッパからはるばるやってくるのだから、貴重品や珍品を細々と運んでいたに過ぎないだろうと言うイメージを持ちがちですが戦国時代の南蛮貿易は我々が思っている以上にダイナミックに行われており、当時の日本の経済の一角を占めていたのでした。

そもそも南蛮貿易というのはヨーロッパと日本の間だけの貿易ではありません。当時のポルトガル戦は東南アジアを拠点地にして、明や日本に行き来して利ざやを稼いでいたのです。

ヨーロッパからの物資を置くこともありましたが、それはごく1部であり、大半は、アジア圏内を行き来していたのでした。つまりポルトガル戦と言うのは、今で言うところの貿易商社のような働きをしていたのです。

ポルトガルがアジア貿易に乗り出したのは16世紀初頭のことです。

1510年にインドのゴア汚染量、翌年にはマラッカも占領し、東南アジアニッケル拠点を気づきました。1513年には、ミント通商関係を結んでいます。これにより明、インドとの中継貿易を行い、東南アジアの物流に大きな影響力を持つに至っていました。1557年には海賊を討伐した報償として、明からマカオ割譲されています。

ポルトガル人が日本初めて訪れたのも、ちょうどこの頃、つまり1543年のことです。現在でもよく知られている種子島への漂流船です。

その後、ポルトガルは日本との貿易にも進出しました。

戦国時代の日本の貿易は倭寇が支配していましたが、明政府の強力な鎮圧により16世紀には倭寇の勢力は急速に衰えます。倭寇なき後の日本の海外貿易は、ポルトガルが独占とする格好となりました。

鉄砲の弾丸に使われる鉛や、弾薬の原料となる硝石などは、当時の日本では生産できず、海外の輸入に頼っていました。つまり、倭寇が衰えた後は、南蛮貿易を解さなければ、鉄砲の弾丸も弾薬も作ることができなくなったのです。当時の南蛮貿易は、戦国大名たちの鉄砲に関する軍需物資を事実上独占的に商売をしていました。

キリスト教、交易、そして西洋諸国の思惑

このように、戦国大名にとって重要な位置を占めていた南蛮貿易であるが、これが実はキリスト教と切っても切れない関係にありました。


極端に言えば、南蛮貿易は、キリスト教の布教の一環でもありました。戦国時代、キリスト教徒が日本で爆発的に増えるのですが、これにも南蛮貿易の発展と深い関りがあるのでした。

当時のキリスト教は、世界中に教義は広め、信者を増やすことを大きな目的としていました。

1494年、ローマ教皇に承認されたトルデシリャス条約では、「ポルトガルとスペインで世界を二分してよい」ということになっていましたが、これは「キリスト教を布教すること」を条件とされていました。つまりは、「未公開の人々にキリスト教の福音をもたらすために、世界を占領しなさい」と言うことでした。

もちろん、それはローマ教皇ポルトガル、スペインが勝手に言っているだけのことであって、現実問題として世界をその二国で占有できたわけではありません。しかし、ポルトガルとスペインの両国が、このトルデシリャス条約を契機にして、大々的に不況に乗り出したということは間違いないのでした。

そして、キリスト教の布教と、交易は表裏一体のものでした。宣教師が各地に派遣されると、商人たちも帯同し、交易を行ったのでした。その交易で得た利益の一部が教会に還元され、教会はその収益で宣教師をさらに各地に派遣するというシステムになっていたのでした。

この「キリスト教貿易」は世界中を席巻し、戦国時代には東アジアで宣教師をしていたある男が、ひょんなことから日本という国の存在を知り、日本での布教を目指すことになりました。

その男というのが、かのフランシスコ・ザビエルです。