江戸時代の変化がよく反映された元禄文化と化政文化

f:id:t-dicek:20170515102852j:plain
※天下の台所と呼ばれた大阪の現在の様子(道頓堀)

江戸時代を代表する文化、元禄文化と化政文化はどう違うのか

江戸時代には代表的な二つの文化がありました。17世紀後半の元禄文化と19世紀前半の化政文化です。元禄文化と化政文化については、特徴や担い手など様々の面で対照的な性格を持っています。元禄文化と化政文化の違いを理解することができれば、17世紀後半から19世紀前半にかける100年間で近代化の流れを理解することができます。大学の日本史の試験でも元禄文化と化政文化の違いを理解しておけばなんなく解けた問題があります。

まず、17世紀後半・元禄文化の担い手となったのは、上方(大阪・京都)などの町人です。特に大阪は、17世紀後半に全国流通網が完成すると全国各地から産物が集まって、経済的な繁栄を謳歌していました。このころの大阪は「天下の台所」と呼ばれていました。


この当時の大阪は、藩の治世から独立して、惣年寄を中心にした町政も自治的に行われてきました。大阪の町人は、自分たちが大阪を支えているといった自負があったことでしょう。


元禄期の職業的な俳人であった小西来山が詠んだ「お奉行の名さえ覚えずと暮れぬ」という一句があります。そこに表明されているのは明らかに幕府の権威に対する姿勢があります。この句の前書きには「大坂も大坂、まん中に住みて」とありました。※当時の大阪は“大坂”という地名で呼ばれていました。

江戸時代はお上の命令が絶対だと言われていたにも関わらず、自立的な気風のある大坂人にとっては幕府の町奉行でさえ眼中になかったのかもしれません。強気な大阪町人の姿勢がうかがえます。


古代からの「千年の古都」としての歴史が蓄積されていて、西陣織や京染など高い技術を誇った京都と合わせ、こうした経済的繁栄と町人の自立的な気風を背景に生み出された元禄文化は、現世を「浮き世」と肯定する精神を反映していた文化になります。


浮世草子」と呼ばれる小説ジャンルを確立した井原西鶴は、「好色一代男」「世間胸算用」などで大阪町人の生き様を写実的に描きました。また、人形浄瑠璃・歌舞伎の脚本化であった近松門左衛門の義理と人情の板挟みに苦しむ人々を描いた「曾根崎心中」などの作品が人気を博しました。


ただし、その面白みが上方町人にしか理解できないという意味で、元禄文化が上方限定的な文化にとどまっていたということも事実です。大阪人が笑いに厳しいのもこの文化が少し残っているからですね。


一方の化政文化は江戸の町人が担い手となりました。そして、江戸を中心としていましたが、江戸だけに留まらず、全国各地にも普及していきました。元禄文化から100年で何が変わって言ったのでしょうか。

元禄文化の中心は上方から江戸へ

元禄文化から化政文化へ、文化の中心が17世紀後半の上方から19世紀前半の江戸に移った背景には、江戸地回り経済圏の発達と下層民の流入がありました。


まず、第1の江戸地回り経済圏の発達は、近世における流通の変化に関わることです。17世紀後半には「天下の台所」大坂が全国の物流拠点の役割を果たしていましたが、18世紀になると、商品作物の栽培や手工業生産の発達を背景に、各地に在郷商人や豪農たちの手で地域的市場が形成されるようになります。


こうした中で、特に成長を遂げたのが「将軍のお膝元」100万年江戸へ出荷を目的とした江戸周辺の経済圏です。現在の近郊農業をイメージして頂くと良いでしょう。


青果物や雑穀の生産のほか、北関東では織物業も発展し、11代徳川家斉の大御所時代における悪貨の大量発行で都市が潤ったこともあって、19世紀前半には江戸市場の大坂依存からの脱却に成功しました。


逆に各地での在郷商人の成長や諸藩の専売制の実施により、経済的な地位を低下させたのが大坂です。1765年には約42万人だった大坂の人口は、幕末の1858年には約32万人まで減少しています。


19世紀を迎えると大坂商人は自らの手で「天下の台所」という呼称が積極的に宣伝されるようになりますが、大坂市場の立て直しのための必死のPR活動だったかもしれませんね。


次に、第2の下層民の流入は、農民層でも階層分化が進行しました。現代で言うところの格差社会の到来です。


年貢の増徴や度重なる飢饉が農民層を直撃し、多くの者が質入れした田畑を取り戻すことができずに小作人へと転落していきました。一方で、豪農層はそうした田畑を手に入れて地主に成長していき、年季奉公人を私益して農業経営にあたっただけでなく、蓄積した富を元手に手工業や商業に携わる者も現れます。それが先述の在郷商人です。


農村での生活に立ちいかなくなってしまった貧農層は、職を求めて江戸の町に流れ込みます。劣悪な裏長屋に住み、天平棒で商品を担いで売り歩く棒手振りや日雇いで生活する下層民は物価上昇の影響をもろに受けてしまいます。


1787年に米屋や高利貸を襲う大規模な打ちこわしが発生したとき、参加者は5千人ほどだったと言われています。こうした下層民のやり場のない怒りと鬱屈した感情は、一方で新しい文化を生み出すエネルギー源にもなりました。


化政文化は、このような経済的・社会的な背景があって江戸に開花したのです。

出版技術の発達

こうして、江戸の経済的な成長の背景に、下層民を主な担い手として成立した化政文化は、享楽的・退廃的な傾向の強いものでした。


江戸の町人たちがささやかな楽しみとしたのが文芸と浮世絵です。文芸では、江戸の遊里を描いた洒落本、男女の恋愛を扱った人情本など様々なジャンルが現れ、「東海銅中膝栗毛」の十辺舎一九、「浮世風呂」の式亭三馬といったベストセラー作家も登場します。


貧しい下層民は貸本屋を利用しました。いまでいうレンタルショップや図書館ですね。天保期には江戸中に約800軒の貸本屋があったと言われています。また、浮世絵では、鈴木春信が創始した多色刷りの錦絵の技法により、喜多川歌麿の美人絵や東洲斎写楽の役者絵・相撲絵が庶民の間で好まれました。


こうした状況に対して、幕府は幕政への批判や風俗を乱す内容を禁じるなど、統制を強化しました。蔦屋重三郎寛政の改革で家財の半分を没収され、山東京伝も手鎖50日の処分を受けています。


さて、いま「化政期には購買層のマーケットがさらに広がり」と書きましたが、出版社の消費者は江戸町中の下層民だけではありません。全国各地の豪農層も重要な顧客となりました。

俳諧に生け花にと多趣味な豪農層は、「花の都」への憧れから出版物を蒐集したことでしょう。各地の豪農層が積極的に受容したことで、化政文化は地方にも広がりを見せたのです。

実用性が重視されていた寺子屋教育

よく考えると、江戸時代の町民の識字率は、豪農層から中下層明まで読み書きができて文芸作品を楽しめるということは凄いことです。その意味で、出版業が発達した背景として、寺子屋の普及を見逃すわけにいきません。


寺子屋は、都市部では中下層町人の増加した18世紀後半に、農村部では豪農層の教育的要求の高まった19世紀前半に、急速に拡大しました。教師を務めたのは、村の自治の中心となった村役人や、僧侶・医師などの知識人です。年齢の異なる子供たちにそれぞれ違った教材を与え、個別に指導する形式が採られました。


学習は、「いろは」や方角・十二支などの手習いから始まり、ついで往来物による読み書きの練習へと進みました。年長者には、「童子教」「実語教」などの教訓物や、「五人組帳前書き」「借用手形」といった公文書も用いられるようになりました。


このように、寺子屋での教育は読み・書き・そろばんを中心とする、きわめて実践的なものでした。町人は都市での生活のため、豪農層は経営のため基礎学力を必要としていたからこそ、寺子屋は急速に普及したのです。


例えば、江戸時代には新しい農具の使用方法や作物の栽培技術を書き記した農書が広く読まれていました。体系的農書として元禄期に刊行されたのが、宮崎安貞が諸国の見聞をもとに著した「農業全書」全11巻です。また、「会津農書」「百姓伝記」など、各地でも村役人や上層農民が自らの経験とそれに基づいた農業知識を書き記し、後世に伝えようとする動きが見られました。


そうした中でも19世紀半ばに刊行された大蔵永常の「広益国産考」は、商品作物の栽培方法だけでなく、流通ルートなどについても詳しく説明されるなど、いかに利潤をあげるかに力点が置かれています。豪農層には農業技術だけでなく、経営感覚も求められるようになっていました。


ですから、江戸時代を生きた人々にとって、学びとは単なる教養やたしなみではありませんでした。そして、実用を重んじる寺子屋教育は明治政府によって作られた近代的教育制へと繋ぎされて日本の近代化の基礎となったのです。

江戸東京まち歩きブック

江戸東京まち歩きブック