江戸時代

黒船来航から裏目裏目に出た江戸幕府の対応

黒船の衝撃と、通商条約の締結 嘉永6年(1853年)、アメリカのペリー提督による4隻の軍艦、いわゆる黒船が横浜の浦賀沖に来航しました。彼らは日本との交易を求め、大統領の親書を携えてやってきたのです。しかも、「断れば一戦も辞さず」という強硬姿勢さ…

江戸幕府の鎖国、江戸幕府は内に閉じこもってなどいなかった

※対馬藩の城下町 江戸幕府は鎖国しているわけではなかった? 江戸時代には、「鎖国」政策によって海外との交流を拒絶していた----そのようなイメージを一変させるエピソードを紹介したいと思います。 1673年、イギリス船が長崎の出島に来航して貿易の再開を…

江戸時代の経済状態は大名の参勤交代から見れば分かりやすい

江戸の経済を発展させた参勤交代 江戸幕府を特徴的な制度として参勤交代がありますよね。参勤交代はとは、将軍が大名統制する政策の一つとして、江戸と国元の往復を義務付けた制度です。 大名は原則として1年ごとに江戸と自分たちの藩を繰り返しました。そ…