戦国時代

織田信長は、領土の民を豊かにするため寺社の既得損益に抗った

信長が寺社を迫害したのは一揆だけが理由ではない 織田信長は、比叡山の焼き討ちなど、寺社を迫害していたともよく言われていますが、必ずしも無差別に迫害していたわけではありません。戦国時代特有の経済的な理由に基づいて、彼ら寺社と戦っています。簡単…

義久が考案したという釣り野伏せを弟たちが用いた島津の最強伝説

関ヶ原の戦いの島津義弘陣跡 戦国最強と呼ばれた島津四兄弟 1582年、天下布武を目指した織田信長が本能寺の変に倒れ、信長を討った明智光秀を破った羽柴秀吉が天下をその手中に収めようとしていました。 その翌々年の1584年、台頭してきた肥前国の龍造寺氏を…

竹中半兵衛が没後もその恩義を忘れなかった黒田家

半兵衛と官兵衛、対照的な性格だった2人の軍師 二兵衛と称された黒田官兵衛や竹中半兵衛。秀吉を支えた有能な軍師で、特に官兵衛に対しては彼がいなければ秀吉の天下獲りはなかったと言われるほど。ただ、この二人が同時に活躍したのは、官兵衛が信長に謁見…

圧倒的な戦力不足でも武田信玄と戦うしか選択肢が残されていなかった徳川家康

信玄の巧妙なる罠に見事に陥ってしまった徳川家臣団 武田信玄によって完膚なきまでに叩きのめされた三方ヶ原の戦いは、天下人・家康が敗軍の将となった唯一の戦です。1572年5月、将軍足利義昭は信玄に信長を討伐すべく御内書を送り、朝倉、浅井などの諸大名…

本能寺の変の現場から早朝に逃げていた博多の商人・島井宗室の謎

本能寺の変の前の不可解な茶会 1582年、天下統一を目の前にして、織田信長は、明智光秀の裏切りにあって殺されました。謀反に際して『敵は本能寺にあり』と言ったとされる光秀は現在裏切り者の代名詞として広く知られています。 一方、戦国時代には、そうし…

南蛮貿易とキリスト教の布教は表裏一体の関係性

※ザビエル会見の地(一宇治城) 戦国経済に大きな影響を与えた南蛮貿易 日本が戦国時代を迎えていた頃、遠くのヨーロッパでは、スペインとポルトガルが、香辛料や金銀財宝を求めて世界中の海に乗り出しました。いわば大航海時代の始まりです。ポルトガルはア…

「徳川四天王」井伊直政、本多忠勝などの子孫は明治時代以降も受け継がれていた

「徳川四天王」は戦国時代が終わった後も受け継がれていた 主に武力と忠義をもって、徳川家康を支え、その天下取りに比類なき貢献を果たした酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政。泰平の世が訪れた後、彼ら「徳川四天王」とその家系はどうなったのでしょ…

井伊直虎だけではない、強く美しく戦国時代を生きた戦国姫

井伊直虎だけじゃなく、武闘派の戦国女子たち 大河ドラマ「おんな城主・直虎」も、高橋一生演じる小野政次が処刑されて、いよいよ佳境に差し掛かっていますね。「おんな城主・直虎」のヒロイン・井伊直虎は、戦国時代に男の名前で家督を継いだ「女城主」です…