蒙古襲来絵詞読み解く鎌倉武士のスタンドプレー

“蒙古襲来絵詞”が書き遺された理由 中学校のとき、元寇の様子を描いた絵画資料として、“蒙古襲来絵詞”を教科書などで見たことはないでしょうか。 左手には毒矢を放つモンゴル軍、中央では「てつはう」と呼ばれる火薬兵器の轟音がとどろき、右手には真っ赤な…

西欧諸国に翻弄されながら開国を迫られた清、そして革命と日中対立へ突き進む

イギリスなどに強制的に開国を迫られた清 乾隆帝時代も後半になると衰退の兆しが表れ始めます。イギリスやフランスなど海外からの圧力が加わるようになったのです。乾隆帝は海外貿易の窓口を広州に限定していましたが、産業革命を果たしたイギリスが貿易の拡…

漢民族の王朝を復活させた明、満州民族の清が現在の中国の基本を創る

漢民族が自分たちの帝国を復活させる モンゴルの元に代わって中国を統一したのが、朱元璋(のちの太祖・洪武帝)が成立させた明でした。朱元璋は金陵(現在の南京)に首都を置いて、漢民族による統治の復活を高らかに宣言しました。そして、朱元璋は地主勢力の支…

世界恐慌に対する無策な状況で民衆から支持を得たファシズム政党

1930年代のアウトバーン、ドイツを代表する高速道路アウトバーンもナチス=ドイツによって進軍のために作られた 資本主義社会からこぼれた者は・・・ 18世紀後半からイギリスで始まった産業革命は、それまでの社会構造を一変させました。工業化が進み、機械…

クリミア半島は誰のものか?クリミア半島を巡る争いの行方

”屈辱の90年代”から“強いロシアの再建”へ ウクライナの独立によって、クリミアをめぐる問題はロシアとウクライナ間の大きな争点となってしまい、両国の間で緊張感が走っていました。当然、この問題には現地の住民の声も大きく影響しており、約7割を占める…

冷戦が終結し、社会主義体制の崩壊が招く紛争の数々

※パブリックドメイン 冷戦が終わって時代の終わりは各地で紛争が多発する紛争時代への始まり マルタ会談でアメリカとソ連が冷戦の終結が確認され、“冷戦の終結は世界平和にプラスになることはあっても、マイナスになることはない”、と米ソで共同声明を発した…

ペレストロイカ史上最大の大改革。社会主義体制が相次いで崩壊していく・・・

※マルタ会談にて、ジョージ・H・W・ブッシュ(手前右)と会談するゴルバチョフ(手前左) パブリック・ドメイン ポーランドで労働者運動の造反 ソ連からの圧力を受けて、ポーランドでは、政治・経済など、国民が様々な面で変革を求める声を高く上げていまし…