雪解けか?緊張か?世界の注目を浴び続けたソ連とアメリカの駆け引き

固い握手を交わすフルシチョフとジョンFケネディ

フルシチョフによるスターリン批判に揺さぶれた東欧

1953年3月5日、大規模な粛清を繰り返し、人々を不安に陥れていたスターリンが死にました。スターリンに代わって、ソ連共産党第一書記に選出されたのはフルシチョフでした。フルシチョフは、これまでのスターリン体制を払拭するために、1952年2月の第20回ソ連共産党党大会で「スターリン批判」と呼ばれる報告を行いました。


スターリンによる党規範の破壊と党幹部の粛清、独ソ纎当初の外交・戦争指揮の誤り、無実の人々に対するテロルなどをすべて暴露して批判しました。フルシチョフは体裁として、あくまでスターリンに対する個人崇拝を批判していましたが、人々を恐怖で支配していたスターリンの権威に傷を負わせる結果になりました。


さらに「スターリン批判」の報告の中では平和共存政策、社会主義への未知の多様性なども説かれていました。1959年9月にフルシチョフがアメリカ訪問を行ったこともあって、ソ連の軟化姿勢が国内外に強く印象付けられることになりました。ロシアがアメリカに歩み寄ったようにも映り、東欧諸国ではこの出来事に強い衝撃を受け、ポーランドハンガリー社会主義体制を揺るがした事件も発生することになりました。

続きを読む

レーニンの後継者争いから、第2次世界大戦そして冷戦の始まりへ

f:id:t-dicek:20170406091110j
※アメリカ、イギリス、ソ連の首脳が一堂に会した初めての会談になったテヘラン会談の記念撮影、左からスターリンルーズベルトチャーチルが並んでいる。

レーニンの後継者はトロッキーかそれともスターリン

社会主義革命を成功させ、ソヴィエト連邦の樹立も果たし乗り乗っていたレーニンでしたが、その体は病魔にむしばまれてしまいました。ボリシェビキ内部ではレーニンの後継者の座をめぐり、スターリンvsトロッキーによる暗闘が始まっていました。


レーニンからすれば、後継者と呼ばれる2人にはそれぞれ欠点がある、と手紙に書き記しています。

続きを読む

ソ連の下で苦汁をなめ続けたウクライナ

f:id:t-dicek:20170403092930j

急激な改革を進めるツァーリズムに対して労働者の不満が爆発する

アレクサンドル2世の大改革に続いて、19世紀末から蔵相ヴィッテによる経済的・産業的な側面にも改革が強引に推進されます。ヴィッテによる改革は重工業を中心とした工業化を推進させる改革で、これは一定の成果を挙げて高度経済成長を実現しました。


しかし、産業化と表裏一体ではありますが、急激な産業化により労働者の賃金や勤務体制への反映が遅れ、悪条件できつい労働を強いられている労働者のストライキが起こるなど、社会のひずみはより一層深刻化させます。


労働者層を中心にからツァーリズム(皇帝による専制政治)に批判が集まり、さらに第1次世界大戦に突入すると、国内の疲弊は頂点に達し、二月革命が起こり、この革命によってツァーリズムが倒されて、1917年レーニンをトップとするソヴィエト政権が発足します。


このとき、のちにロシアと激しく衝突することになるウクライナが登場します。ウクライナロシア革命の混乱が続くさなか、1918年、ロシアからの独立を宣言します。しかし、独立を宣言してすぐにロシア・ソヴィエト軍ウクライナのへ侵攻を開始し、1992年に成立するソヴィエト連邦を構成する国家の1つに組み込まれてしまうのでした。

続きを読む

不凍港を目指して領土拡大を目指すロシアの歴史

f:id:t-dicek:20170401205058j

ロシア念願の土地、クリミア半島を奪取

ロシアもオランダ・イギリスを理想のモデルとして様々な改革を行って、押しも押されもしない強国につくりかえる、こうした理念に基づき、時のロシア皇帝ピョートル1世はロシアの西洋化を目指します。ピョートル1世の時代に正式に国の名称としてロシア帝国が使われるようになります。


ピョートル1世は即位後間もなくは好戦的な戦略を取り、大航海時代を謳歌する西欧諸国に対抗するべく貿易港を得るために隣国スウェーデンにふっかけて北方戦争を起こします。北方戦争ロシア帝国スウェーデンを破り、バルト海沿岸部獲得し、新都サンクトペテルブルクを建設しました。それまで内陸国だったロシアが港を手に入れ、大航海時代を謳歌する西洋諸国に対抗するための歴史的瞬間です。


しかし、ロシアがもっと強くなるためには、イギリスやオランダと同じように外洋貿易を行う必要があります。しかし、バルト海沿岸部の港は冬になると凍ってしまい、使えなくなってしまいます。

続きを読む

辺境の地から第3のローマを目指すロシアの起源

f:id:t-dicek:20170330084856j
モンゴル帝国あら臣従要求の手紙を破り捨てるイヴァン3世(引用元:Wikipedia)

ロシアの始まりはモンゴル人に支配される日々からの脱却

現在のロシアは、世界最大の国土を持つ国家ですが、ロシア建国当初の領域はウラル山脈から西のヴォルガ川、ドン川、ドニエプル川流域に限られていました。


この地域はルーシとも呼ばれ、諸公国による割拠が続いていましたが、1237年、チンギス=ハンの孫バトゥ率いるモンゴル軍に支配されてしまいます。モンゴル軍は1242年にルーシから撤退しますが、東に帰ったわけではなく、ヴォルガ川下流域に1243年キプチャク=ハン国を建国し、ルーシの諸公国を支配し続けました。モンゴル人の支配をうけたという意味で、この期間はタタールの軛(くびき)と呼ばれています。
タタールとはモンゴル人の別称


そのルーシはモンゴルの支配を受けながら、モンゴル帝国から駅逓制や外交術などを吸収して力を蓄えていました。ルーシの中心地はノヴゴロドからモスクワへと移り、諸公国の中からモスクワ大公国が大きく抜きんでるようになります。このモスクワ大公国が、現在のロシアにつながっていきます。

続きを読む

レーニンと社会主義国家・ソヴィエト社会主義共和国連邦の設立


赤の広場を行進するボリシェヴィキ

貧困層の救済、労働者の理想国家を目指す社会主義

産業革命は火の使用や文字の発明に匹敵するくらい大きな人類史上の転機となりましたが、全ての人間に幸福を約束するものではありませんでした。


農業中心の時代よりも貧富の差が激しくなってしまい、裕福な人が増える一方で生きていくのがやっとというような貧困層も生み出してしまいました。


社会主義は、労働者の貧困層を救済しようという思想から始まりました。政府がこの悲惨な状況を放置するならば、労働者が自分たちで新たな理想国家を築こうとする気運が高まります。


社会主義者の有名人には「資本論」を書いたカール=マルクスがいます。資本論で、彼は資本主義批判しました。(てっきり僕は資本論は資本主義に好意的な本だと思っていましたが、資本主義を批判して社会主義の考え方を書いた本だったんですね)

続きを読む

文による支配を目指した宋と、武力により世界をつないだモンゴル帝国

f:id:t-dicek:20170329100425j

文による支配を目指した宋の苦悩

漢民族と北方民族の混成国家として繁栄を築いた唐は、黄巣の乱という塩の密売人による反乱がきっかけで崩壊し、五代十国と呼ばれる分裂期に入ります。それを統一したのが宋です。

宋は文治主義という、武力ではなく、文(学問)の力による統治を目指しました。その代表例が中国独特の官僚登用試験として完成した科挙です。儒学の試験に合格さえすれば出自に関係なく官僚に登用され、出世が約束されるというシステムでした。

宋は漢民族による統一王朝でしたが、周辺諸民族に圧迫されることも多々ありました。唐文化の影響によって独自の文字を作るなど、周辺諸民族が成長していたことで、漢民族が圧倒的な優位を立つことが難しくなっていました。

続きを読む