のらりくらりと生き延び、江戸時代まで織田家の血脈を繋げた織田信長の次男・信雄

信雄が焼き払ってしまった安土城 兄弟と比較して戦功が振るわなかった信雄 織田信長の生存中、その覇業に関わった息子は、長男の信忠、次男の信雄、三男の信孝の3人の兄弟がいる。信忠と信雄の母親が生駒氏であり、三男の信孝の母が坂氏で、戦国時代では珍…

上野彦馬、戦場カメラマンの先駆者、幕末志士を撮影し、日本初の写真館を開いた男

長崎で「幕末スター」を軒並み撮影した男 四国高知の桂浜に建てられた、太平洋を見つめている坂本竜馬の像は、彼の生前の写真を参考に作られたものだと作られたものだと言われています。そんな風に幕末の志士たちの写真はかなり残されていますが、それを撮影…

家康は関ケ原他の戦いの戦前の準備に貢献した武将に恩賞を与えた

関ケ原 徳川家康本陣跡 家康は豊臣方の武将を味方につけるきっかけを作った福島正則を高く評価 東軍の勝利に終わった関ケ原の戦いの後、総大将・徳川家康による東軍の武将に対する論功行賞が開催された。論功行賞とは、戦に参加した武将らがどのくらい戦功が…

攻略困難な四国の土地を同盟力で支配した長宗我部元親の魅力

長宗我部元親初陣の像 姫若子と揶揄された長宗我部元親の本来の性格 長宗我部元親と言えば、戦国時代の四国を統一した四国の覇者となった武将です。そんな元親は幼少期、周囲から妙な印象を持たれていました。そのあだ名は“姫若子”。出典は土佐物語によると…

財政難に悩まされ続けた直江兼続

豊臣に仕えるために軍費を徴収に力を入れた直江兼続 上杉家の執政として、有名な直江兼続。彼は、上杉家が豊臣家に奉仕する費用を稼ぐため、直江兼続は辣腕を振るい続けました。例えば、1597年、領内産の蝋や漆、桑などに直接課税をとることを推進しました。…

夫のために自ら命を絶ったとされる細川ガラシャだが、その夫婦仲は既に冷めきっていた?

献身的な妻だったとされる細川ガラシャの夫婦仲は・・・? 細川ガラシャという名前を聞いて、日本人と外国人との間に生まれた、いわゆるハ ーフだと思った人もいるかもしれません。 しかし、ガラシャは洗礼名。ガラシャは、織田信長の部将 ・明智光秀の娘で…

武士の戦いを決定的に終わらせた彰義隊の籠城戦

寛永寺 富山藩邸に立てこもった彰義隊をアームストロング砲が襲う 寛永寺に籠り、明治政府軍と戦った旧幕府の彰義隊およそ3,000人に富山藩邸に据えられた最新鋭のアームストロング砲二門が火を噴いた。 富山藩邸は今の東京大学附属病院付近にあり、不忍池を…