藩主に就いたときにはボロボロの財政状況。ケネディ大統領も尊敬した上杉鷹山の倹約っぷり。

上杉神社に上杉鷹山の名言「なせば成る、なさねば成らぬ」 上杉鷹山が藩主になるまでのボロボロ財政の米沢藩 『なせば成る、なさねば成らぬ、何事も、成らぬは人のなさぬなりけり』強い意志を持てば、どんなことも必ず成就する、という意味で名言を残した、…

武士の起源は田堵と呼ばれた奈良時代の富裕農民層

奈良時代、武士が誕生した起源となった富裕農民 日本と言えば、「サムライ」の国。それでは「サムライ」、つまり、「武士」はいかに誕生したのでしょうか。武士の成り立ちには、いくつかのパターンがあったことが指摘されているが最もオーソドックスな誕生の…

明智光秀が寺院の既得権にメスを入れ、室町幕府を退職

明智光秀由縁の東寺 寺院の既得権にメスを入れた光秀 1569年1月の本圀寺の変で時の将軍・足利義昭を護衛し、奮戦していた明智光秀。このこほ、光秀は義昭の家臣と織田家の家臣という二足の草鞋を履いていていました。 このとき、光秀は義昭側から山城国下久…

天皇の居住地御所の警備に就いた室町時代の武家・斯波家

斯波義将『武家百人一首』より 室町時代の名門武家・斯波氏 古代から中世にかけて、御所を警備する衛門府のトップは名誉ある官職とされ、武門でもなかなかありつくことはありませんでした。ところが斯波義将という室町時代初めの武将が、この官職を賜ったこ…

徳川家の先鋒が江戸攻撃の皮肉!!井伊家を襲った幕末の悲劇。

冬景色の彦根城を見てきました 江戸幕府の譜代の先鋒・彦根藩・井伊家 江戸時代、『譜代の先鋒』は井伊家、『外様の先鋒』は藤堂家と決まっており、それを象徴とする出来事が大阪夏の陣でした。 京都を出発した徳川家康と秀忠父子は河内に入り、東高野街道を…

軍神の再来として称えられ、武田軍を支えた山本勘助という軍師

戦国時代の初めての軍師・武田軍軍師/山本勘助が信玄に登用されるまで 軍師といえば、豊臣軍の軍師・竹中半兵衛や黒田官兵衛が取り沙汰されますが、武田信玄の軍師である山本勘助という男も忘れてはなりません。軍記物の『甲陽軍艦』に登場する武田信玄の軍…

居合抜きの達人・井伊直弼は手も足も出せずに暗殺された桜田門外の変

桜田門外の変に関する疑問 江戸幕府の大老井伊直弼が登城の途中に襲われ、殺害された桜田門外の変。 安政の大獄を断行し、ある意味、恐怖政治を貫いていた当事者が、いとも簡単に殺害されたことによって、幕府恐るるに足らずというムードが尊王攘夷の中に広…